脇の脱毛に通うほどでもないんだけど…

腕の脱毛どころか自己処理をしていないという人が意外に多いです。

脱毛も産毛程度や色素が薄い毛色だと、施術しても思うように効果が出ないことが多く、しっかりなくしないならニードル脱毛という選択肢になります。

でも、クリニックやサロンに通うまででもないけど、お手入れはしているという人も。

主な方法は

・カミソリ
・シェーバー(電気も含む)
・家庭用脱毛器
・クリームやジェル
・テープ
・毛抜き

など。

一番手軽なのはカミソリですが、きちんとお手入れをしないと埋没毛や肌トラブルを起こしてしまいます。

最近ではケミューのような肌のことを考えたクリームやジェルもあるので、敏感肌の人や肌ケアが面倒な人は、最初からムダ毛だけでなく肌ケアもしてくれるアイテムを選びましょう。

剛毛で腕毛をしっかりなくしないなら脱毛でも良いと思いますが、薄い毛は効果が出にくく、時間もお金もかかってしまいます。

数年かかってもムダ毛処理が不要になれば良いですが、そうならないことも。

脱色もありますが、光の反射でキラキラしてしまうので、毛量を考えて自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。

腕は見えるので、トラブルがあると目立ってしまいます。

そのため、肌が弱い人は特に肌に優しいタイプを選んでくださいね。

 

幼稚園で毛深いと友達に言われてから毎日脱毛が日課に

父の遺伝からか、私は他人よりは体毛の毛深いと実感したのは幼稚園の時でした。幼稚園でプールに入る際に、女の子の友達から「体の毛が濃い。」と小バカにされたことがきっかけです。それからは母にカミソリで手足を剃ってもらいました。

小学生も高学年になると、女子だけではなく男子からの目も気になり、夏場だけではなく通年お風呂上がりにカミソリで全身を剃ることが当たり前になっていました。中高生ともなると、友達やインターネットで毛深い悩みをもつ仲間からの情報を得て、徐毛クリームや脱毛テープや脱色剤など、ドラックストアにてあらゆる脱毛手段にトライしました。

そんな中、母からもう使わなくなったというハンディタイプの脱毛マシーンを譲り受けることになりました。充電式でいつでもどこでも脱毛が出来るということでしたが、母はエステティックサロンにて永久脱毛施術を受けたため、私に回ってきた訳です。

このマシンは私には夢のような物でした。今までいくら掛けたのかと思うくらいに、費やしてきた脱毛グッズは消耗品であり、一生続く脱毛への投資に嫌気が差していましたが、こちらは充電さえすれば使い続けることが出来るのです。

そして何と言っても仕上がりがとても綺麗で、私の脱毛人生において一番でした。もう5年も使い続けていますが、私の脱毛はこのマシーンに頼ってます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました