脚は脱毛するのと自分で処理するのとどっちが良い?

脚は脱毛したほうが良いのか、見えない部位だから必要な時だけ自己処理をしたほうが良いのか、迷う人も多いと思います。

剛毛で自己処理が大変なら脱毛も考えますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

どっちにするか迷ったら、まずはメリット・デメリットを考えましょう。

■脱毛のメリット・デメリット

脱毛のメリットは、肌への負担が少なく、ムダ毛を減らすことができること。

自己処理をしなくても良くなる人もいますが、必要な人でも少なくなって産毛のようになるので、確実に手入れの回数は減ります。

ではデメリットは?というと、お金と時間がかかること。

足は部位別になるのでひざ下・ひざ上と言ったように分かれていますので、足の甲から太ももまですべてをしようとするとそれなりにお金もかかります。

また、サロンやクリニックによっても変わりますし、100%自己処理不要になるとは限りません。

■自己処理のメリット・デメリット

自己処理のメリットは、気になったときに好きなタイミングでできること。

通わなくても良いので、時間がない人でも手軽にできますし、お金の負担もあまりありません。

ではデメリットは?というと、やはりずっと続けなくてはいけないし、肌へのダメージがあり、毛穴のトラブルが起きる場合もあります。

全体のメリット・デメリットを見てみると、剛毛で自己処理回数が多い人は、脚でも脱毛をしてしまった方が良いと言えますね。

 

ケミューでお手入れしたら、お手入れがラクチンに!

元々小学生の頃から、人より毛が生えていると思っていました。思春期に入ってからは、脇やデリケートゾーンにも毛が生え始めたので、プールの授業前は特に気を使い、シェーバーを使って剃っていました。

シェーバーは低価格で簡単にムダ毛が処理できますが、私の場合は、またすぐに生えてきてしまうので、高頻度で行った結果、できものができたりと肌へのダメージが大きかったです。大学時代に、友人に脱毛サロンを紹介してもらいました。紹介してもらった脱毛サロンは、定期的なコース契約ではなく、自分で好きな時に予約をして施術してもらえるという、1回ごとでOKというものでした。

脱毛経験が初めての私にとっては、非常に手が出しやすく、万が一合わない場合も辞めやすい、また、最初から高額なお金を出さなくてもいいというメリットしかありませんでした。実際に脱毛サロンへ行くと、まずカウンセリングをしていただきました。毛が濃いこと、シェービングをするとできものができることを相談しました。

その後、施術方法や料金の説明を受け、実際に脇の脱毛を行いました。部屋は個室になっており、脇の場合は上半身だけ脱ぎ、サロン専用のバスタオルを巻きました。施術してくださる方は女性がお一人で、施術部分にジェルをぬり、専用の機械を当てていました。

最初は輪ゴムではじかれたような痛みがありましたが、回数を重ねるごとに痛みも減ってきました。今では、何のお手入れをしなくても、脇毛は生えてきません。肌への負担もなくなりましたし、お手入れもラクチンになったので、ケミューを使って良かったと感じています!

 

タイトルとURLをコピーしました